今すぐNISA口座で借り入れ!審査はおすすめの?

NISAとは何かをシンプルに言うと、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

NISAの期間は最長5年までで、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

できるだけリスクを避けることを考えて銀行にするかどうか決めるようにしましょう。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗とは何かというと、期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAに限ったことではなく、値下がりしたら損するということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座はスタート当初より少し変更になっていて、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に購入したものは継続して持ち続けられます。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けると株と投資信託とワラント債というものになります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

外貨MMFなども含まれていませんし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

引用:http://www.kabuho.net/sengyousyufu.html

NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人につき一つしか持つことができませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番有力な候補となり得るのが証券会社です。

その中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックなどがある証券会社もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。