デイトレードの手法にはどんなものがある?

デイトレードの手法には、どんなものがあるのでしょうか?株にも、多くの人気手法があります。
たとえば、有名な投資家、ラリー・ウィリアムズが提唱した「OOPS(ウップス)」です。
これは、その日の始値が、前日の安値の下で始まり、なおかつ前日の安値を上抜いたら買う、というものです。
売りの場合は、この正反対の事をします。
つまり、当日の始値が、前日の高値よりも高く始まって、なおかつ前日の高値を下抜いたら、売るのです。
そして、このウップスの応用で「ADXギャッパー」といって、指標でフィルタリングしたものもあります。
また、証券会社やヤフーファイナンスで見る事の出来る、多くの分析ツールを使う人もいます。
移動平均線などのトレンド指標を見て、大まかな流れをつかみ、MACDなどのオシレーター系の指標でエントリーのタイミングを見つけるのです。