医薬部外品の化粧品って?

みなさんは、ライスフォースは医薬部外品の化粧品だと知っていますか? ライスフォースには化粧品と言うイメージがありますが、実は医薬部外品として分類されているのです。
つまり、薬と化粧品の間と言う感じで捉えておけば良いのです。
どんな有効成分やその他の成分が入っているのか、表示しなければならない法律があるので、ライスフォースのパッケージをみたらどんな有効成分が入っているのか分かります。
一度確認してみると良いでしょう。
医薬部外品ではなく、単なる化粧品の場合、有効成分の表示はされないので、ライスフォースはその点が、安心な点だと言えるのです。
また、よく「無添加、無着色化粧品」と謳っている化粧品を見かけます。
何となく、そう表示されていると安心してしまうのですが、今までに本当に?と、疑った事はないですか。
未だに何の問題もなく使えるのは、いったい何故なのでしょう。
多分それは、防腐剤が入っているので大丈夫なんだと思うのですが、それは無添加と謳っても良いの?と、思いますよね。
ライスフォースは、そう言う点もきちんと伝えてあって、製品の品質を維持する為に、パラペンと言う食品にも使われている防腐剤を最低限使用しているのだそうです。
食品に使われている物なので、防腐剤と言っても安心出来ますよね。
腐っていたり、カビが入っていたりするのではないかと心配しながら使う方が、ある意味怖いのです。